戻る

トップへ

次へ

AAA-news!
vol,200407

7月20日 衣類整理箱詰めボランティア チームつめるやん 袋詰めを主に実施しました。
      気温は36℃あまりの暑さに11時頃終了の合図をしましたが、もう少し頑張る
      と結局12時まで実施しました。
      参加者 渡辺福子、山崎純子、山崎城之、山崎栄慈、山崎毅史、山崎智子、山崎拓人、山崎理人 

7月18日 衣類整理箱詰めボランティア チーム浦和 寺沢久枝、高橋正夫、田口帰一、田口敏子、渡辺薫子

7月13日 衣類整理箱詰めボランティア チーム浦和 寺沢久枝、高橋正夫、田口帰一、田口敏子、岩井、上田

7月11日 衣類整理箱詰めボランティア チーム浦和 渡辺薫子、高橋正夫、田口帰一、田口敏子

7月10日 衣類整理箱詰めボランティア チーム浦和 寺沢久枝、柿沼実根子、田口帰一、田口敏子、肥留間清

7月 9日 衣類整理ボランティア 38箱できました。
     参加者 渡辺福子、松本綾子、中里睦子、山崎純子、榎本日佐子、山崎正美、山崎毅史。
     ものすごい暑さの日でした。熊谷では37℃と報道されていました。

7月 7日 コンテナ積み込み「スリランカ向け」705個、
     国際ロータリークラブ2570地区の箱も混載しました。
     参加者 山崎栄慈、阿部真也、田中久
夫、田中ミドリ、田口帰一、田口敏子、田口正教、
         金子有一、高橋愛子、柿沼実根子、

7月2日〜8日 第2回カンボジア視察団 参加者 山崎毅史、山崎正美、渡辺 茂、榎本日佐子、
                        田中親男、河合瑛二
         参加者渡辺茂さんの報告  ウガンダに続きカンボジアに行かせてもらいました.7月2日から8日までの中身の濃い旅でした。木村えみ子さん、田中 親男先生、河合 瑛二さん、榎本 日佐子さん、山崎毅史さん、山崎正美さんその他多くの方々のお陰で心に残る楽しい旅でした。カンボジアのプノンペンにある孤児院を訪問し、110人の子供たちが寝る狭い板の間を見た時は、心がいたみました。日本からの衣料品等を手渡しできて喜んでもらえて、うれしく思いました。貧しく物はないかもしれないが、子供たちの歓迎の踊りを見せてもらい、明るい笑顔に接して、こちらのほうが、心が温かくなり、大事なものを、もらった気がしました。1450人もいるという小学校も訪問し、ロータリークラブから預かった衣料品を手渡しし喜んでもらいました。全員に渡せなかったのは、心残りでした。小学生たちが、きちんとしていて、校長先生はじめ、先生方がいい教育をされていることがわかりました。オリガミスクールの子供達の歌声は最高でした。SMAPの(世界で1つだけの花)や美空 ひばりの(川の流れのように)をカンボジアの子供達が、日本語で上手に歌うのを聞いて感動し心が洗われる気がしました。日本から送られた畳が敷かれ柔道場ができるそうです。、日本からカンボジアに来られ子供達に歌や日本語を教えている先生方、暑さに負けずがんばって下さい。 木村さんのお陰で、カンボジアのシアヌーク殿下の弟であるシリウッド殿下の自宅に招待され、大変光栄に思いました。殿下自ら電子ピアノを演奏され、思わず、社交ダンスを習っているので、榎本さん、木村さんと、踊ってしまいました。大臣たちは、フランスに留学していたので、フランス語が堪能でした。私は、外務大臣と英語で会話しました。
 観光で行ったアンコールワット、アンコールトムはすばらしくクメール文化の高さに驚きました。レリーフの技術も高い水準でじっくり時間をかけて見たいと思いました。プノンペンのセントラルマーケット、スーパー、デパートも見学できました。
 日本国内ではポルポト政権や地雷等、負の情報ばかりでしたが、実際に見たカンボジアは、人々の明るい笑顔とたくましい生活力でした。子供達、若者も大人も生き生きとして、カンボジアの明るい未来を感じうれしく思いました。カンボジアの子供達のために、すこしでも役に立つことができるのを感謝します。