AAAアジア&アフリカ愛情・調和・行動・世代 Affection Accommodation Action Generation  

リンク 目次

AAAの理念

AAAは同じ時代にこの地球に生まれ合わせた地球家族の兄弟姉妹として互いに立て合いたすけ合って、感謝と慎みの心で、素晴らしい地球を守り、人々の幸せを築き上げる。手と手を結んで共に汗を流し、労を苦にせず労を喜んで「ご喜労様!」と、声掛け合って「本気!やる気!勇気!根気!元気!朝起き!正じき!働き!」の八つの心の苗木を世界中に植え続ける団体です。

※宇宙でたった一つの命の星地球。その星にだけある命、命あるものは命を食べて生きています。食べたその命が細胞となり肉となり皮となって食べたモノの命を活すのです。食べられる側は決して喜んではいません。でも食べた側が心から喜んだら「こんなに喜んでもらえるんなら食べられてよかった」と思うでしょう。だから、「美味しい美味しい」と言って食べたら命が喜び人がイキイキするのです。

※互い立て合いたすけあい、自分の「時間を使って・身体を使って・お金を使って」人のために尽くす。人の喜びを自分が体感して、とっても嬉しいのです。ちっとも苦じゃないのです。苦労の苦が喜に変わって「ご喜労様!」だから私達の合い言葉は「ご喜労様」なのです。

※食べ物がありすぎるゆえ「食べすぎて病む人々」と食べ物がないために「飢えて病む人々」が、地球上に同時に存在しています。そして、この両方の「病む人々」が加速的増加の一途をたどりながら、21世紀をむかえました。しかし、これらの病む人々について病む原因をたどってみると、ひとつの方向性があることに気づきます。それは、「食べすぎて病む人々」<飽食病人>を生み出す国や社会が「飢えて病む人」<飢餓病人>を生み出している、という事実です。私たち人間には多くの自由があります。とりわけ、誰にでも共通する自由に「こころのつかい方」があります。「こころのつかいかた」の自由によって、自分のこころは自分の自由になります。今まで「食べすぎていた自分」を「食べすぎない自分」に作り直せるはずです。それを、むずかしい、ムッツリ顔をしてではなく、たのしいニコニコ顔で実行できる機会を、「AAA」の活動に参加して見つけてみませんか。

※資源は有限ですか?無限ですか?こんな問いに対して貴方ならどう答えますか?私たちは資源は無限に有ると信じています。何故なら、この地球上のあらゆる資源が自然に出来たモノばかりだからです。長い年月かけて出来上がった物資を今の自分達が欲しいままに使ったら物資が有限であるように錯覚するだけでは無いでしょうか?今この地球上に生まれ会わせたお互いが、これから産まれて来るであろう子孫の為にも、物資を大切にしなければいけないと思います。
 提案します【慎み革命!】世界中の物資を「必要なものを必要なだけ慎ましく使う!」全世界の一人一人が心に誓い実行しましょう!AAAアジア&アフリカは「グローバルリサイクル」を実動しています。

※きょうだいならば、だれかが今日何処そこへ行く。そこに居合せた者、互いに顔を見合わせて、着ている着物、誰のが一番によい。一番によいならば、さあ、これを着て行きな。又、例え500円でも1000円でも、持ち合わせている者が、互いに出し合って、「これを小遣いに持って、さあ、行ってらっしゃい。」と言って送ってこそきょうだい。

AAAのスタッフ

AAAは、援助する現地に根づいた活動と、それを支援する活動を地道に続けてきた結果、現地に住む人々に絶大な信頼を頂いております。小さな団体だからこそ、一人一人のまごころを直接・確実に役に立てるきめ細かい活動ができるのだと自負しています。AAAスタッフは本気!やる気!勇気!根気!元気!朝起き!正じき!働き!を実践し、真剣にAAAを支えています。

AAAの歴史

活動の歴史詳細はこちらから  1986年、日本の新聞報道で「アフリカの飢餓は終わった」という記事が出ました。しかし、私たちの現地の仲間の報告で、まだまだ貧しい地域は沢山あり、政変や紛争、砂漠化や異常気象によって常に生命の危機にさらされている事を知らされ、数人の仲間で現地ケニアを視察に行きました。灼熱の太陽の下で現地視察をしていると、現地の人が飲み物を差し入れてくれました。茶色に濁ったその飲み物は、最初コーヒーかと思いましたが、実はそれは現地の人達が常に飲んでいる川の水だったのです。この人たちは、こんな水を飲んで病気にならないのか?視察に行った誰もがそう思いました。しかし、残念ながら現地の人々も病気になっていたのです。しかも、その川の水を汲むためにワニに襲われる人も沢山いると聞かされました。それでも、その水しか飲むことが出来ない環境だったのです。「よし!それでは、食料や衣料を援助するだけでなく、この人達が安心して水が飲めるように井戸を掘る活動をしよう!」それが現地活動継続のきっかけとなりました。その後現地では現地NGOとして公認登録され、それぞれが自立して活動を展開していますが、AAAは日本側からそれぞれに支援したり、相互に協力し合いながら活動を展開しています。更に、食料や衣料等の物資支援はグローバルリサイクル活動(衣類、ピアニカ、めがねなどを集めて送る)として日本国内で定着、全国各地から、集まって来たまごころ物資をコンテナ等で要請国に送り続けています。

AAAの概要

団 体 名:A A Aアジア&アフリカ、英字名:Asia and Africa Association
本   部:住 所:〒338-0823 埼玉県さいたま市桜区栄和1-12-18
      電話&FAX:048ー858ー5544
      AAAホームページ:http://aaag.org/
      Eメール:global-family@aaag.org 
設立年月日:西暦1993年1月17日
代   表:山崎 純子(やまざき よしこ) 
会 員 数:まごころさん(維持会員)114名(2015/04/30現在)
特記事項 :★平成14年6月30日埼玉県知事「ワールドカップ埼玉開催協力」感謝状拝受
      ★平成9年度埼玉県「彩の国国際貢献賞」受賞
      ★NHKボランティアネット登録団体[NVN01095](現在は自由投稿方式に変わる)
      ★2001年「ボランティア国際年」参加団体
海外相互協力団体
 ウガンダ共和国:AAA-U [Asia & Africa Association Uganda](ウガンダ共和国公認NGO)
 ケニア 共和国:Mikono International(ケニア共和国公認NGO)
 ケニア 共和国:URYU-Kenya(the Universal Right Youth Union)(ケニア共和国公認NGO)
 ドミニカ共和国:AAA-D (Asia&Africa Association -Dominica)
 カンボジア王国:THE LOTUS ASSOCIATION(カンボジア王国公認NGO)
 スリランカ民主社会主義共和国:AAA-S(Asia&Africa Association -Sri Lanka)

AAAの活動報告です